&フォークの分数人生

30代のシンガーソングライターがのんびり書き綴るエッセイ

【もう受けた?】落合陽一・小泉進次郎主催「平成最後の夏期講習」〜PoliTech(ポリテック)で未来を楽しくする!〜

f:id:andfolk:20180801215134p:plain

 

こんにちは。

&フォーク(@andfolk)です。

 

「将来、なんだか不安だな。」

「超高齢化社会になっていって、どうすればいいんだろう?」

 

挙げ出したらきりがないほど様々な問題、課題が各分野にありますよね。

僕だったら「年金」に関する話とか「AIと人の仕事」とか、その辺の問題(AIは問題ではないと感じてます)がどうなっていくのか気になっていて、自分がどうしていけばよいのか考えたりします。

(ニュースを見たり本を読んだりして知っている程度で、掘り進んで勉強できているわけではございません)

 

そういった日本の社会全体の問題、課題を解決していく為のオープンでかつ楽しい話し合いが、先日ネットで生配信されましたのでご紹介させていただきます。

 

 

それが平成最後の夏期講習(社会科編)ー人生100年時代の社会保障とPoliTechです。

 

各分野で活躍されている方々がいくつかのテーマで意見を出し合ってより良い解決策を導き出し、実際に動いていこうという未来が楽しみになる夏期講習です。

 

この記事では「平成最後の夏期講習」を見た僕の感想を書かせていただきます。

この後ご紹介する生配信のアーカイブ映像を見ていただくことで、あなたの未来への気持ちが今よりもさらに前向きになっていくきっかけになればとても嬉しいです。

 

 

平成最後の夏期講習とグラフィックレコーディング

f:id:andfolk:20180801215139p:plain 

この「第一回 平成最後の夏期講習」というイベント(催し物として良いはず)を簡単にご説明しますね。

 

主催するのは若くして影響力が強烈なこの二人。

  • メディアアーティスト 落合陽一さん
  • 政治家 小泉進次郎さん

このお二人についてはご存知の方も多いと思いますので、興味のある方はササッと検索してみてくださいね。

 

その二人のお友達(分野は様々)を呼んで、今とこれからの日本の問題をポリテック(PoliTech)で解決していく為に議論をしていくイベントです。

 

集まった参加者の方々を6つのテーブル(テーマ)に分けて、それぞれでグループディスカッションをしてもらったあと、話し合った内容を発表し合うという流れです。

(だいぶ大雑把な説明となってしまいました)

 

PoliTech(ポリテック)とは

ポリテックというのは、

ポリティクス(政治、政策)テクノロジー(科学技術)を掛け合わせたものです。

 

フィンテック(金融と科学技術)みたいな発想ですね。

 

この言葉は、今年の4月29日に開かれたニコニコ超会議で政治家の小泉進次郎さんが命名したそうです。

 

下のリンク内で詳しく書かれておりますが、ニコニコ超会議の2週間ほど前に落合陽一さん小泉進次郎さんが一緒に昼食のラーメンを食べている時にポリテックの推進ついて意気投合したようです。

 

小泉進次郎氏が「ポリテック」を自民党内で推進 - 社会 : 日刊スポーツ

 

ランチタイムであろうとなんであろうと、常にそういう考えを持っているということが一つ大切なことなんですね。

それにしても強烈な二人が並んだラーメン屋さんとはいったいどこなのか。

(もはやラーメン屋さんじゃないかもしれませんが。)

 

平成最後の夏期講習の参加者について

お二人含め、集まった参加者も皆さん余暇時間を使っての参加ということらしいのでとても強烈なボランティアだったと思います。

(ボランティアの使い方が間違ってるかも)

落合陽一さんも「とてつもない生産性」というような発言をされていたと思います。

 

参加者や議題などについては、生配信されていたニコニコ生放送の詳細を読んでいただくのが分かりやすいかと思います↓↓

(このリンクからもその配信の内容がタイムシフトで見ることができそうです)

 

【落合陽一・小泉進次郎】平成最後の夏期講習|ニコニコインフォ

  

僕は詳しくないので今回の動画で初めてお見かけする方ばかりだったのですが、最近テレビやニュースでも話題になる方々もいらっしゃいました。

 

レシート買取アプリで話題にさらった山内奏人さんや、ベストセラーとなった「多動力」を編集された箕輪厚介さんなどです。

経済をおもしろく、でおなじみ(?)のNewsPicksのCCOである佐々木紀彦さんも参加しておられました。 

 

議事録はグラフィックレコーディングで

ちなみに。

そのそれぞれディスカッションの議事録はグラフィックレコーディングという手法を用いて記録(まとめ)されます。

(リンクにてより詳しい説明に飛べます)

 

ごのグラフィックレコーディングという手法が、またとてつもなくスゴいのです!

6〜8人くらいの話し合いを文字とイラストでストーリー性も含めて表現+記録するという驚異的なまとめ力。

 

僕はこの夏期講習の映像で初めて見ましたが、感動しました。

 

 

テレビや本などで出てくる「図解+α」のようなものを、複数人の話し合いを聞きながら数十分で書き上げるのですから驚きです。

しかもその見やすさ、まとめっぷりがとんでもないクオリティでした。

(イラストがまた素敵♪)

 

文字だけの議事録では掘り起こせない要素や雰囲気も記録してくれているというような感覚なんじゃないかと、僕は思います。

  

平成最後の夏期講習、早速受けましょう

f:id:andfolk:20180801215144p:plain

 

余計な前置きは、もう良いですよね。

とにかくその動画を見てもらうことが何よりも大切かと思いますので、遅くなりましたが動画を埋め込むことにします。リンクを貼らせていただきます。

◆2018年8月7日追記

動画の埋め込みができなくなっていたためリンクに変更しました。

 

※2018年7月31日当日は、ニコニコ生放送YouTube Liveでの同時配信でした

 

第一回 平成最後の夏期講習(社会科編) メインカメラ - YouTube

 

落合陽一さんの明るい喋り方はあまり見たことがなかった気がするので、それだけでも僕にとっては新たな発見(笑)

小泉進次郎さんも相変わらず爽やかで、エネルギーが溢れているような感じがしましたね。

 

僕としてはこの二人のMC姿だけでも見る価値ありそうかなと思いました。

 

そんな僕の感想をポロッとこぼしたツイートがこちら。 

 

 

ニコニコ生放送(ニコニコインフォ)の詳細から、配信内容についての情報を抜粋転載させていただきます。

 

目的:「社会課題がわかる、できる、なんとかなる」を実現。
平成に日本が抱える課題を認識し、技術への信頼を持つことで、
次の時代へ進むために社会に対するポジティブな行動を
各個人がとれる状況にすることで社会課題の解決を促進する。

ねらい:参加者、視聴者へ以下の機会を提供すること。
-平成元号が終わる前に、社会課題について考える
-社会を支える技術について考える
社会保障として国から何をしてもらいたいか、国は何をすべきか考える
-個人は今後どのような将来の中に生きていくのかを知る、今後の行動を考える

 

ステートメント
平成30年,平成最後の夏に日本の現状を把握し復習し次の時代を考える機会を作ろう.公共政策と社会問題,それに対して考えうる日進月歩のテクノロジーについて理解していくために開かれた議論を行おう.・・・

 

【落合陽一・小泉進次郎】平成最後の夏期講習|ニコニコインフォより引用

 

ステートメントの部分はだいぶ省略させていただきましたが、非常に前向きになれる内容が書かれております。

 

この「平成最後の夏期講習」のスゴい所の一つでもありますが、それぞれのチーム(テーブル)のディスカッションがそれぞれ生配信されていてニコニコ生放送タイムシフトで今からでも見ることができます。

そのリンクを計6つ貼っておきますので、お時間を見つけてこちらも合わせてぜひご確認ください。

 

◆2018年8月7日追記

各テーブルの動画がYouTubeにもアップされ始めたようなので、そのリンクも貼っておきます。(埋め込み動画が再生されない場合は、お手数ですがリンクからYouTubeかニコ生に飛んでご確認ください)

 

テーブルA <スポーツ・健康>

「ニコ生」

【平成最後の夏期講習】ディスカッションA:なんのための健康・スポーツか?― Well-beingという視点 - 2018/07/31 20:45開始 - ニコニコ生放送

 

YouTube

第一回 平成最後の夏期講習(社会科編)A:スポーツ健康 - YouTube

youtu.be

 

◆2018年8月7日追記 

このグループディスカッションに関する感想も書きましたので、気になった方はチェックしてみてください!

 

andfolk-kokorokorokoro.hatenablog.com

 

テーブルB <教育・コミュニケーション>

「ニコ生」

【平成最後の夏期講習】ディスカッションB:どうすれば多様で自由で信頼性の高いメディア空間を創れるのか? - 2018/07/31 20:45開始 - ニコニコ生放送

 

YouTube」 

第一回 平成最後の夏期講習(社会科編)B:教育コミュニケーション - YouTube

youtu.be

 

テーブルC <高齢者>

「ニコ生」

【平成最後の夏期講習】ディスカッションC:高齢者が最期まで可能な限り自立して、社会参加しながら、幸せに過ごすにはどうすれば良いのか? - 2018/07/31 20:45開始 - ニコニコ生放送

 

YouTube

第一回 平成最後の夏期講習(社会科編)C:高齢者 - YouTube

youtu.be

 

テーブルD <財政>

「ニコ生」

【平成最後の夏期講習】ディスカッションD:どうして、財政の話をしなければならないのだろう - 2018/07/31 20:45開始 - ニコニコ生放送

 

YouTube

第一回 平成最後の夏期講習(社会科編)D:財政 - YouTube

youtu.be

 

テーブルE <子供>

「ニコ生」

【平成最後の夏期講習】ディスカッションE:社会全体で子育てする仕組みをテクノロジーでつくる - 2018/07/31 20:45開始 - ニコニコ生放送

 

YouTube

第一回 平成最後の夏期講習(社会科編)E:子供 - YouTube

youtu.be

 

テーブルF <働き方>

「ニコ生」

【平成最後の夏期講習】ディスカッションF:AI時代の働き方について、考える - 2018/07/31 20:45開始 - ニコニコ生放送

 

YouTube

第一回 平成最後の夏期講習(社会科編)F:働き方 - YouTube

youtu.be

 

おわりに

f:id:andfolk:20180801215148p:plain

 

いかがでしたでしょうか?

 

「平成最後の夏期講習」の内容をまとめることができたら理想的でしたが、圧倒的な情報量に加え僕の頭のバケツがあっという間に溢れかえってしまったので内容の紹介という形とさせていただきました。

 

「自分なんかが考えても...」

「どうせできっこない。」

「そんなの無理だ!」

 

なんて考え方で片付けずに、じゃあどうすればできるのか?という部分を見つめるようにするという意識改革をしていくことが何よりも大切なんですよね。

 

【思想は言葉になるし、言葉は現実になる】

というようなことを、たしかマザー・テレサ(諸説ある模様)が言っていたそうな。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

それならば。

 

【未来は良くしていけるんだ】

 

という大前提のもと、日々過ごしていくのが良いのではないかと思います。

 

ネガティブな思考もたしかに必要です。危機管理なんかには必要だと思います。

でも。

それと同じくらい【自分たちはもっと良くなれる】と考えて時間を使っていくことで、自分だけでなく周りの人の力になっていくのだと考えます。

 

そう思えるようなきっかけをくれるのが、

 

平成最後の夏期講習(社会科編)ー人生100年時代の社会保障とPoliTech

 

という日本の社会全体の問題、課題を解決していく為のオープンでかつ楽しい話し合いだったかなと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

もしかしたら、「秋期講習」や「冬期講習」、「春期講習」なんていうのもあるかもしれません。

その時はまた参加してみると良いと思います。

 

そしてそういう話し合いでやるべきことややってみた方がよいことが見えて来たら、やってみるのです。

やらなければ机上の空論になってしまいますよね。

 

だから最後は、

 

やるか、やらないか。

 

 

「自分にできること」から、やっていきましょう!

 

それでは、また!

 

おまけ:平成最後の夏期講習を受けて、感想を喋りました。

平成最後の夏期講習の生配信が終わった直後、なんだか何か動きたくなって流れのままYouTube Liveで感想をちょっと喋りました。

 

 

僕の話している内容はだいぶ薄っぺらい感じではありますが、それは置いておいて。

 

僕みたいな個人の人の意識が少し変わるだけで、日本はなんとかなるという可能性が充分にあるのではないかと思えました。そういう気持ちになれるだけでもとても有意義な生配信だったと思います。

お時間のある時にでもチェックしてみてください!

 

とは言いつつも、やはりあの言葉に尽きます。

結局はやるか、やらないかです。

 

何事にも通ずる、シンプルなことですね。

 


&フォークの声ブログ。#8 「平成最後の夏期講習」を見て

 

東山動植物園での写真07 カメ

こんにちは。

&フォークです。

 

今回も東山動植物園で撮った写真のご紹介です!

 

前回はトカゲ、ヘビ、カエルのような好き嫌いがはっきり分かれそうな生き物たちの写真でした。

 

でも今回は大丈夫◎

そんなに嫌な思い出がある人も多くはないはず。

 

そう、カメです↓

 

https://www.instagram.com/p/BuD7uxCnDm7/

亀にも鼻の穴みたいなのがあるようです。目つき、口元が恐いカメもいるようです。(そう見えてるだけだろうけども)かめも重なり出すと不気味さが出てくるなぁと思いました。小学生の頃の友達が飼っていたカメはどれくらい大きくなったんだろうか。#zoo #turtle #🐢 #ボードゲームができそうな甲羅

 

例によってこのカメが何カメなのかがわからないという恥ずかしい事態ですが、とにもかくにもカメということに間違いはないと思います。

 

カメの目ってつぶらで可愛いのですが、それよりも鼻の穴に目がいくことってありませんか??

 

 

続いていきましょう↓

 

https://www.instagram.com/p/BuD8puaHGAW/

見せつけてくるカメさんの熱さを連写で受け止める男。ちょっとおじいちゃん感がある。#zoo #turtle #カメ #かめ #亀 #🐢

 

これはゼニガメみたいな種類だったでしょうかねぇ。

※定かではない!

 

一生懸命泳いでいたので、僕も負けじと一生懸命目線を合わせて連写してみました。

 

カメからしたらうっとうしい人間が来ちまったなと思われたでしょう。

 

 

でも、そんな必死な君が素敵でしたよ!

 

 

 

…、次のカメです↓

https://www.instagram.com/p/BuGa4PMnHTQ/

こちらを向けば向くほど、鼻の穴が気になる。ブタやイノシシに見えたのは僕だけじゃなかったのかな。#zoo #🐢 #ブタバナガメ #スッポンモドキ #マタマタ

 

鼻が気になったのはこの辺のカメからです。

なんだか鼻の穴が正面を向いてませんか?

 

写真一枚目のカメは特に鼻の穴が正面を向いて、いや、コチラを向いているように見えます。

 

あとで調べてみるとブタバナガメというカメのようで、やはり鼻に特徴があるカメだったのです。

 

甲羅とか手足なんかではなく、ただただ鼻に目がいっちゃう自分がなんだか少しヤなやつかなと思います(;´_ゝ`)

 

 

カメについてもいろいろな種類のカメが居て面白かったです。

 

最後の方の写真で現れるマタマタというカメについては、「カメなのかな?」と思うくらいに枯れ葉っぽくて生存戦略を感じました。

 

ゆっくりと生き物を見る時間を作ると、いろいろなことに気付けたり自分の生き方を振り返れたりしてなかなか良いもんだなぁなんてふけったりして。

 

 

僕たち人間も動物ですから、他の動物の生き方を見つめてちょっと自分自身を考えることもできるのかな。

 

 

次回はは虫類、両生類館を飛び出して少しアフリカっぽいゾーンの動物たちの写真を紹介する予定です◎

 

お暇なときに覗いてみてください♪

 

使用カメラはCanon kiss x9の標準レンズキットです。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) KISSX9BK1855F4ISSTML

 

調べてみると、kiss x7という何代か前の機種でも充分しっかりとした写真が撮れるそうですよ!

 

カメラマンのサブカメラの中に入っていることもあるんだとか↓↓

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属 KISSX7-1855ISSTMLK

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属 KISSX7-1855ISSTMLK

ツイッターのアカウントを増やしてみようか考え中

こんにちは。

&フォークです。

 

なんとなく、ツイッターのアカウントを増やしてみようかと思っています。

 

SNSの運用は何においてもメリットが大きそうなのでかなり気になっているのですが、気持ち新たに1つアカウントを増やしてみようかと考えています。

 

今現在のアカウントは、このような感じ↓

 

運用という意味では全くできていないアカウントです…。

 

ツイートを見た人に少しでも届く内容だったり楽しんでもらえる内容にしていきたいと思いながら、そのあたりがほとんどうまくできていません。

 

今さら感も強いかもしれませんが、このアカウントをしっかり使っていきながら新しいアカウントて少し挑戦していきたい気持ちもあります。

 

今のままで何も動けないのなら、どんどん試していけばいいはず。

 

なので今月中には新しいアカウントを作ってみようかと思います!

 

 

ツイッターでアカウントを持つには、

  1. アカウント名
  2. 電話番号orメールアドレス

が必要になるようなので、そのアカウント専用のメールアドレス(Gmailなど)を用意するところから始めてみます!

 

特にお金はかからずに試せることですから、積極的にチャレンジをしてその結果を手に入れたいと思います。

 

どれくらいの期間でどう考えて、

どれくらいの量でどう動いたら、

どのような結果になったのか。

 

それを記録して発信するだけでももしかしたら価値がでるかも。

 

わからないなら、わからないなりに考えて動くのみ。

 

 

その作業を楽しめる気持ちをもってやっていきます!!

東山動植物園での写真06 トカゲ、ヘビ、カエル

こんにちは。

&フォークです。

 

今回の東山動植物園での写真はは虫類です。

 

トカゲ、ヘビ、カエルなんかの写真になります。

 

は虫類だけでなく両生類なんかも集められている屋内展示(展示という言葉が適切かどうかが心配)施設があり、その中で見かけた生き物たちです。

 

 

まずはトカゲの写真です↓

https://www.instagram.com/p/Bt_Mk8jH_8f/

トカゲ等のは虫類(両生類なども?)ゾーン。家で出てきたらゾワっとしますが、動物園などで見ると可愛く見えてきちゃう不思議。 〓〓〓〓〓 しみじみ幸せを感じられる・・・。 普段感じることのできぬ「セーフティ」と言う名の悦楽・・・。 「安全」であることの愉悦・・・・! by利根川 〓〓〓〓〓 #zoo #replies #最後のは水中だったかも

 

岩や壁、木なんかに同化して暮らしているのかパッと見で見つけることが難しい種類もいました。

 

ガラス越しで見るトカゲは可愛く見えるマジックがかかっているので写真が撮りやすい位置にいる場合は、シャッターを切るのも楽しくなります。

 

次の写真です↓

 

https://www.instagram.com/p/BuBJcAfHvxq/

は虫類が集まっているゾーンは屋内が多いこともあってか、人も多い。冬の力なのか、トカゲの魅力なのか。#zoo #replies #とかげ #トカゲ #🦎 #ゴツゴツ

 

この辺は少し大きめのトカゲ(もはやイグアナ?)が暮らしているゾーンだったと思います。

 

僕が見た大きなトカゲがイグアナかなぁと思ったのには、去年の秋くらいにイグアナの娘というドラマの再放送を見たからかもしれません。

 

菅野美穂(娘、長女)と川島なお美(母)がイグアナ親子のドラマですね。

内容は少し悲しい物語ですが、最後は光が差し込むような終わり方だったと思います。

 

次の写真にいきましょう。

 

https://www.instagram.com/p/BuDu7I-HUVj/

重なるとなんだかちょっと不気味さが強まる。わからない、わからないけど、やっぱりちょっと寒いのかな。指長い。しかも五本指。#zoo #replies #トカゲ #とかげ #🦎 #ゆっくりスワイプ

 

このガラスの中にいたトカゲは寒かったのか、体を寄り添わせていたような感じがします。

 

僕の感覚ですが、なんとなく二匹以上重なった姿を見たらゾワッとしますねぇ。

 

どんなトカゲもゆっくり移動してくれたらそんなに恐怖感もないのかもしれませんが、だいたいのトカゲは命がかかっているからかスピーディな動きで走っていくので怖いです。

 

そう。

 

Gと同じです。。。

 

 

次はヘビです↓

https://www.instagram.com/p/Bt_Nyz3HRIV/

ヘビもゾワっとしながらも見ちゃう生き物。ホラー映画の怖いシーンの時に手で顔を覆いながらも指の隙間からチラッとガッチリ見ちゃう感じ。三枚目からはヘビがちょっとアップになりつつあるので、苦手な方はためらいながらゆーっくりスワイプをm(_ _)m#zoo #snake #ヘビ #へび #🐍

 

ヘビもなかなか普段の生活では見ることがないですよね。静岡に住んでいるときに雨上がりの田舎道なんかでたまに見かけるくらいの印象です。

 

あれはヘビだったのか長いミミズだったのかはわかりませんが…。

 

あと、何年か前に行った奄美大島の山の中で野生のハブを見かけたことがあるくらいでしょうか。

 

まさに山道で遭遇したのでハブの生活圏内に僕たちがお邪魔している状態でした。日々の暮らしをお騒がせしてすいませんというようなかんじでしたね。

 

ヘビもちいちゃいサイズからとんでもなくでっかいサイズまで多種多様でした。

 

次もヘビです↓

https://www.instagram.com/p/BuBHfPQnd32/

一人スヌードごっこができるヘビ。画像右下、友人のiPhoneの画面からもうっすらイメージしていただけるかもしれません。苦手なあなたは、ゆーっくりスワイプ。#zoo #replies #snake #ヘビ #へび #蛇 #🐍 #ファンサービス #そうなるまでが気になる #口元が梅干し食べたあとの感じ

 

この緑色のヘビ、写真撮るなら撮ってくれと言わんばかりのポージングでしばらくこちら側を見ていました。

 

実際には見ていなかったのかもしれませんが、いつカメラを向けられても問題なさそうな姿勢のまま動かなかったので写真におさめやすかったヘビです。

 

とぐろを巻くスタイルでジッとしているヘビは多かったですが、スヌードやマフラーのように巻かれている姿で居たのはこのヘビだけだったように思います。

 

見ごたえのあるヘビでした。

 

最後はカエルです↓

https://www.instagram.com/p/BuD6rwEn02L/

カエルなのかヘビなのかわからないまま通りすぎてしまった生き物がいました。たぶん形的にはヘビだったんだろうなぁ。。。 5歳くらいの知らない女の子がガラスの前で、 「どこにいるんだろー?」 なんて言ってるから、 『ほら、真ん中にいるよ。』 みたいに教えてあげたら、 「ふ~ん。」 なんて言って立ち去っていきました。25年くらい前の僕だったらどんな風に接していたのでしょうか。#zoo #replies #frog #かえる #カエル #蛙 #🐸 #静かにスワイプ

 

カエルになってくるとますます景色と同化してしまって見つけるのが非常に困難になってきます。

 

友人二人と一緒に見て回っていたのですが、自分の力で見つけられたカエルはほとんどいなかったと思います。。。

 

正直なところ、何匹かのカエルについては居場所を教えてもらっても見つけられなかったと記憶しています(^-^;

 

でも、ホントにわかりづらい感じで暮らしていると思います。

 

あるいは、僕たち動物園のお客さんからは完全に死角になる場所に身を潜めていたりしていたカエルもいたはず。

 

それを見つけるのも生々しくて楽しいわけですが、やはり生き物の暮らしぶりを覗かせてもらうというのは少し不思議な気持ちです。

 

カエルのゾーンにもたくさんの種類のカエルが暮らしていて、見たことあるような種類や毒々しい色のカエルもいました。

 

全てのカエルを写真に撮ることはできませんでしたが、生のリアルカエルはやっぱり触るのがちょっと怖いなぁと思いました、ガラス越しで見ていても。

 

子供の頃はおたまじゃくしを捕まえてカエルにさせるような理科の実験(友達の水槽だったかな?)で素手で触ったりもしてた記憶がありますが、僕も大人になったのでしょう。

 

今となってはゾワゾワします。

 

めちゃめちゃ当たり前の話ですが、カエルのキャラクターやグッズは可愛く仕上がっているものが多いだけに、リアルカエルとのギャップがすごいですよね。。。


f:id:andfolk:20190221140132j:image

(↑二見興玉神社より)

 

好き嫌いがはっきり分かれそうなは虫類、両生類の写真はこの辺で終わりです。

 

次回はカメの写真や陸上動物の写真に戻っていけると思います◎

 

そろそろ東山動植物園での写真も終わりに近づいてきていますので、よかったら最後までお付き合いくださいm(_  _)m

 

カメラを構えて思いますが、やっぱりもう少しズームができるレンズがあったら便利かなぁなんていうことを思いますね。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) KISSX9BK1855F4ISSTML

 

Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S55-250ISSTM

 

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S10-18ISSTM

 

僕が使っているのは最初に付いてくる標準ズームレンズですので、動物園などの自分の足で近寄るのに限界がある場所ではちょっとズームが足りないことも多々あるのです。。。

 

今年はちょうどよいレンズをひとつ、手に入れたいです!

 

それでは、また次回!

東山動植物園での写真05 ワニ

こんにちは。

&フォークです。

 

今回の東山動植物園での写真はワニです!

 

大きめの動物園に共通するものかもしれませんが、屋外だけではなく湿度や温度が高めに設定された専用施設が用意されていることがあります。

 

熱帯地で暮らすような生き物たちが集まっております。

 

そういう施設の中で見ることができたのがワニです↓

 

https://www.instagram.com/p/Bt-QjQMH98C/

いろんなワニがいた東山動植物園。こっちのワニは石とか岩感が強かった。目の下の皮膚がマンガやイラストの目みたく見えます。#zoo #crocodile #ワニ #わに #鰐 #🐊 #爪恐い

 

いくらかの種類のワニを見ることができたのですが、引き続き写真を撮るのに夢中で詳しい種類が定かではないのが悔しいです。。

 

どのワニもそうなのですが、特に上の写真のワニについては岩っぽさがより一層強めだなぁと感じました。

 

サイズ感がわかりづらい写真ではありますが、けっこう大きめのワニでした。

 

続いてはより一回り大きなワニです↓

(説明がとても幼い)

https://www.instagram.com/p/Bt-DWSKnxct/

魚と一緒に暮らすワニ。地に足つけるワニ。説明の中にクロコダイルという文字があった(と思う…)ので、ワニの中でも大きめなのかしら。だけれども、もしかしたらアリゲーターってやつなのかしら。少年2.5人分くらい。#zoo #crocodile #🐊 #庭にははにわとワニがいる

 

こちらのワニは陸地もある水槽の中にいて、魚たちと暮らしていました。ワニは魚は食べないのでしょうか。。

 

お魚定食よりもしょうが焼き定食が好きみたいなある日の僕みたいな感じでしょうか。

 

こちらのワニは一際大きく、大きな動物を食べてしまいそうなくらいのデカサを感じました。

 

体のほとんどが水中に入っているタイミングだったのでダイナミックさを写真に残すことができずに残念でしたが、それでもなんかデカイ!と感じるには充分でした。

 

水槽のそばの説明書きの中にクロコダイルという文字があったと思うので、やはりワニの中でも大きい方だったのではないかと思います。

隣で見ていた少年も口をあんぐり開けていました。

 

少年のサイズでももちろんそうですが、大人サイズの僕でも丸のみにされたらスルッと全身入ってしまいそうなくらいです(;´_ゝ`)

 

 

安全な場所から見ることができる動物園というのは、本当に貴重な場所なのかもしれません。

 

次回はは虫類館で撮ったトカゲの写真を集めてみようと思います!

 

トカゲもガラス越しで見ることができる状態なら可愛く見えるもんだから不思議です。

 

道端で見かけたりするとヒィィ!ってなりますけども…。