&フォークの分数人生

30代のシンガーソングライターが懸命に書き続ける雑記ブログ

【サイタ】ギター弾き語りレッスンブログ今日も更新♪


f:id:andfolk:20180627155618j:image
こんにちは。

&フォーク(@andfolk)です。

 

今日の東京は良く晴れて風も強く、洗濯日和ですね!

夏ももう間近な感じがヒシヒシと伝わってきます。

 

気温に伴って室温もググッと上がり、エアコンのお世話になっている日々です。

 

我が部屋のエアコンは、まだルーバーが外れたままです。

エアコンの調子がおかしくなったことを書き綴った過去記事がこちら。

 

andfolk-kokorokorokoro.hatenablog.com

 

需要があるかはわかりませんが、エアコンも物ですので急に壊れちゃったり調子を崩すことがあります。

我が部屋のエアコンのようにルーバー(エアコンの送風口)が動かなくなってしまったら、交換するために管理会社に早めに連絡するのが良いですよ!

持ち家の方は家電量販店などへの相談が良いかもしれません。

 

さて、今回は引き続きギター弾き語り教室のブログも更新してますよ!というお知らせです!

 

こちらのブログと合わせて書き進めていますので、音楽や弾き語りに興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね!

 

cyta.jp

★初心者必見★簡単に綺麗な音が出せる2つのコードとその押さえ方 | サイタギター弾き語り教室ブログ

 

初心者向けの弾き語りに特化したブログになっております!

 

このサイタも、多くの教室がありますので何か楽しめることを見つけることのヒントに鳴るかもしれません。お暇な時にでも見てみてくださると良いかと思います!

 

 

がっつり文章を書く記事は、次にします!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

リンクを貼ってあるブログの方も読んでくれて、本当にありがとうございます!

 

引き続き、よろしくお願いいたします!

ペーパードライバーの僕が運転時に気を紛らす3つのコト

f:id:andfolk:20180714030347p:plain

こんにちは。

&フォーク(@andfolk)です。

 

7月の三連休、どこに行きましたか?

 

 

などなど。

きっとちょっと日焼けなんかもしちゃったのではないでしょうか?

 

セミの鳴く声も聞こえぬ(僕だけ?)7月の真ん中でこの暑さですから、ここからさらに注意が必要です!

 

僕はと言えばこの休日。

 

半年ぶりくらいに車の運転をしました!!

 

それそのものは本格的にどうだっていい話ですが、、、

僕と同じくらい車の運転をしないあなたに伝えたい気の紛らわせ方を3つほど紹介します!

 

  1. ラジオを流す
  2. 窓を数センチ開けておく
  3. かなり早めに諦める

 

僕はそもそも運転が心配だったので車に乗る寸前まで為になりそうな情報を探しては読み込んでいました。

 

ペーパードライバーのあなたがちょっとでもハンドルを握る、という時に思い出していただければ嬉しいです!

 

 

どこからがペーパードライバー?

f:id:andfolk:20180718095153p:plain

僕は免許を取得してからおよそ3年ちょっと。

半年から1年の間に1度くらいしか車を運転しない都内に住むペーパードライバーです。

典型的なパターンだと思います。車を運転する必要性がほとんどありませんからね。

 

とはいえペーパードライバーという言葉はよく聞きますが、実際に基準などはあるのでしょうか。

 

今日もまたWikipediaさんの力を借りてみましょう。

ペーパードライバー(和製英語: paper driver)とは、自動車運転免許証を取得し、現に有効な免許を保有しているものの、普段運転することがない者や、運転する機会がない者をいう。

また二輪車の運転免許を保有しているものの普段は二輪車を運転することがない者をペーパーライダーと言う。

 

Wikipediaペーパードライバー」から引用

 

期間によって分類されるとかそういうことじゃないみたいですね。

てっきり「半年以上運転していなければペーパードライバー」みたいな基準があるのかと思っていました。

 

正直、

「自分はまだペーパードライバー予備軍だから。」

という気持ちを心のどこかに持っていました。

しかしながら、実はきっちり本物のペーパードライバー でした(笑)

 

やむを得ない!

致し方なし!

 

ペーパードライバーは気持ちにゆとりを 

f:id:andfolk:20180718095223p:plain

 

ペーパードライバーのことをペードラなどと呼んだりもするようですが、僕はその言葉をかつて聞いたことがありません。ペーパーライダー(バイク乗り)という言葉も同様です。

 

どんどん略していこう。

 

 やはり車の運転で一番恐ろしいのは人身事故。

 

物損事故ももちろん避けたいところですが、命に関わる事故や怪我に繋がるような事故の方がより一層避けたいところですよね。

 

だからこそ、優先順位をつけましょう。

 

  • 事故を起こさないこと
  • 事故に巻き込まれないこと
  • 時間に追われ過ぎないこと

 

などなど。

 

焦れば焦るほど、次のリスクが高まります。

 

 

「ペーパードライバー・僕」の運転思考

f:id:andfolk:20180718095323p:plain

さてそれでは、

そんなペードラの僕が半年ぶりに都内と横浜方面を大爆走した時に行った気の紛らわせ方をご紹介しましょう!

 

ラジオを流す

無音でも全く問題はないと思う部分もあるのですが、なんとなく人の話す声がある方が孤独を感じずにちょっといい感じです。内容はわからずとも誰かが話しているという事実だけで緊張感のある気持ちが、少し和らぎます!

 

普段聞かないラジオなんかを流せば、新しい発見もあるかもしれません♪まだ聴いたことのなち音楽やパーソナリティの声に聞き入って、集中力が途切れないことだけを祈ります!

 

窓を数センチ飽けておく

これは合宿免許の時に先生も言っていたことを実践しています。参考書にも書いてあったような気がします。

 

外の音が聞こえることによって、運転している感覚がしっかりと感じ取れます。風の音やクルマの音。稀にあるクラクションの音なんかも、しっかり気づけます。

 

あと、空気の入れ換えとしても効果を発揮します。

 

車内の空気も少しずつ入れ換えておくことによって頭もスッキリしやすいでしょう。

 

 

かなり早めに諦める

これはドライブを諦めるのではなく、運転中の右折左折などの道順について諦めるという意味です。

 

車の運転に慣れていなくとも道に詳しい人は例外かもしれませんが、僕は日頃から歩いている道でも車で通るとなんだか別の景色を見ている感覚になってしまうのでかなりカーナビ頼りになります。

 

ナビゲーターは道に超絶詳しいのでベストなルート案内をしてくれます。しかし、そのルート通りに行けないこともしばしばあります。

 

  • 曲がるべき道で曲がりそびれた
  • 車線変更が出来ずに意図しない方向に進んでしまった
  • シンプルにナビゲーターを無視した

などなど。。。

 

どれもほぼ同じようなことなのですが、僕が良くしてしまうミスです。

 

特に僕が「嫌だなぁ嫌だなぁ」と感じるのが、車線変更です。

車線変更はちょっとリスキーだと思っていて、できればあまりやりたくないです。タイミングを誤ると即事故に繋がると思っています。

 

なので、

僕が思う諦めるべきこととは「車線変更」です。

 

しかも、かなり早めに諦める、と書いたのは気持ちの面に関わってくると思うからです。

 

当然、出来るだけギリギリまで車線変更をしたい気持ちは持っていたいのですがそこから生まれる焦りも充分危ないと思います。

ですから、交通量が多かったり車線変更しづらいと感じたりした場合は早々に諦めて別のルートか別のタイミングでゆっくりと車線変更なり方向転換なりをすれば良いと考えます。

 

この辺りが、僕の中での優先順位に基づくペードラ運転思考です(笑)

 

ペーパードライバーでも運転は意外と好き

f:id:andfolk:20180718095343p:plain

なんだかんだ言って、僕は運転が好きなんだと思います。車は持っていませんし運転も上手ではなく駐車もモーレツに下手くそですが、運転は嫌いではないのです。

なんと言いますか、英語そのものは好きだけど、英語の成績は2みたいな感じでしょうか。体育のほうがよりわかりやすいかもしれませんね。

 

もっと気軽に車に乗るような環境に身を置くことが出来るのであれば、たぶんちょくちょく運転しているタイプだと思います。僕はお酒も飲まない(極端に弱過ぎて飲めない)ので、ハンドルキーパー向きなんだと思います!!

 

車に乗ってどこかに出掛ける。それだけでいつもと違う景色が見られると思うのでたのしいです。

電車に乗って同じ街に出掛けるのももちろん良いのですが、車で出掛けるとその道中がまた一つの楽しみにもなります。※運転は別に上手くないですよ

 

誰かと一緒に出掛けるような場合は、電車移動とは違った雰囲気で会話もできるのでそれはそれで新しい楽しみ方の一つだと思っています。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

僕と同じくらい車の運転をしないあなたに伝えたい、

 

「ペーパードライバーの僕が運転時に気を紛らす3つのコト

 

  1. ラジオを流す
  2. 窓を数センチ開けておく
  3. かなり早めに諦める

 

という、なんともありがちかつとても単純なコト。

 

もしペーパードライバーで運転しなくてはならない時が来たら、ちょっとだけ今回の記事を思い出してみてください。

 

気を紛らわす3つのことを思い出してほしいと言うよりは、

あなたよりも運転が下手くそな運転好きのペーパードライバーでも、なんとか無事故で横浜まで行って帰ってこられたというコトを。

 

なんでも良いと思いますので、自分の気持ちが落ち着く要素を見つけて運転していきましょう!

そして運転そのものを楽しめる様に、身近な存在としてちょくちょくハンドルを握っていきましょう!!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

この夏、またハンドルを握ることがあればその模様もお伝えしようと思います!

 

かねてから友人と話をしている車で行きたいお店である、

げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやかに、今年は行けるといいなぁ。。

 

それでは、安全運転でお会いしましょう!!

【吉田拓郎】ニューアルバム From T に名曲「春だったね」も収録!?

吉田拓郎、ニューアルバム「From T」

f:id:andfolk:20180713075724p:plain

 

こんにちは。

&フォーク(@andfolk)です。

 


今回は「吉田拓郎のニューアルバム【From T】」について書きます!

 

僕の大好きなシンガーソングライターの一人である

吉田拓郎」というアーティスト。

 

「知らないよ」という人にはこの機会に、
「知っているよ!」という人には改めてぜひともまたこの機会にチェックしてください♪ 

フォークソング系が好きだったり、

甘さと渋さを持つ声が好きだったりする人にはかなり合うのではないかと思います。

 

 

このニューアルバム「From T」をきっかけに、
吉田拓郎」の曲を聴いてみるのはいかがでしょうか!!

 

 

などなど。

 

世代を越えて愛される楽曲も多いので、
弾き語りをする、していこうと思う若い人や大人の方々にとっても
吉田拓郎」というアーティストの曲は非常にオススメです!
(ただただ、僕大好物)

 

大好きな吉田拓郎の新アルバムが出る

 

日本を代表するシンガーソングライターの一人と言ってもよいと思う「吉田拓郎」。

 

そんなアーティストに関連する最近のニュースに、
吉田拓郎のニューアルバム発売決定」というものがありました。

 

アルバムの名前は「From T」。

 

拓郎の「T」なのでしょうね。

 

まさに、


Tからの贈り物

 

という感じでしょうか♪


というのも、このアルバム。

 

拓郎が自ら厳選した、
日常、就寝前に聴いているという自らのプレイリスト27曲からなる
「思い入れのある作品」
「もう一度聴いて欲しい歌」など、
拓郎が愛した曲ばかりを収録されている。

 Wikipediaより

 

とのこと。

 

そうなってくると、
Tからの贈り物というのがピッタリですよね、やっぱり!

 

「From T」の最新情報はGoogleが教えてくれた

 

そういった情報を知った後は、

特に自分から情報を探すということはしていなかったのです。

 

が、ですよ。


昨日だったかたまたまネットの記事でそのアルバムの新しい情報をゲット!
Googleってスゴい)

 

そして、思わず拡散!

 

 

発売予定日は【2018年8月29日(水)】とのことらしいのですが、
収録曲については発売日当日まで公表されないスタイルのようなのです。

 

これはこれで最近なかなか聞かない感じのニュースだとも思います。

 

そういった話がある中、
先日のラジオか何かで本人の口からちょっと収録曲についての話が出たそうな。

 

自由で、いいね!

 

と思う僕。

そりゃあ好きなアーティストの発言はえこひいきしてしまいがちですよ。

 

大好きな「春だったね」も収録される!?

 

でですね。

その曲というのが

 

春だったね

 

という曲。


おぉぉぉぉぉぉ!!!!

 

最もシビレる曲の一つ!!!


8ビートの軽快なテンポで爽やかなナンバーなのですが、
拓郎の声と詞の内容によって切なさと渋みがある、
かなりの字余り曲です。

 

吉田拓郎と言えば、字余り(そして字足らず)。

 

独特な言い回しもそうですが、この字余りによって強烈な個性を放つと言っても良いと思います。

 

その魅力が詰まりまくっているこの曲が収録されるということが、
なんとも嬉しいニュースでした。
(たぶんきっと本人が言っているなら収録されるはず◎)

 

吉田拓郎と言えば「字余り、字足らず」

 

・・・ちなみに、

どれくらい字余りかと言うと、

 

「五 七 五」で歌われる俳句を、

【九 十 十三】なんかで歌うくらいの字余り感です。
(字足らずのこともあって、それはそれでいい味)

 

 

「春だったね」という曲では、まさにその感じが炸裂しています。

 

~~~

 

Aメロから字余りを感じます。

 

そしてBメロの様な部分でシビレるほど字余りが炸裂がします。
※2番の歌詞の時は、3割増でシビレます(笑)

 

そしてサビできっちり字余りを感じさせられます。

いっちばんさいごのフレーズで、全てを持っていかれます。

 

~~~


字余りの素敵さは、実際に聴いてみてほしいです!


僕も僕なりの字余り曲を代表曲にしたい!


と思うくらい、この曲は素敵です。


なので、
ぜひとも「春だったね」に注目して、
吉田拓郎4年振りのニューアルバム【From T】をチェックしてみてくださいね!!

 

おわりに

なんていう、僕にとってこの夏トップ(ちょっと気が早い)と言っても良いくらいの嬉しいニュースでした。


吉田拓郎にあまり馴染みのない人にも多くの刺激をくれるアルバムになると思いますし、
元々好きだった人には堪らないアルバムになるのではないかと思います!


この「春だったね」という曲は、
当時はあまり本人が好きではない曲だった、
みたいな話をテレビで見たことがあるような気がします。

 

好きではない、ではなくて、
何でライブでこの曲を弾くとがめちゃめちゃ盛り上がるのかがわからない、
だったかな。。。


本人の気持ちはどうであれ、
それくらい人の心を鷲掴みにしてくる名曲であることは間違いないはず。


吉田拓郎の曲でも、かなりオススメの一曲です!


今回は、
吉田拓郎のニューアルバム「From T」について書かせていただきました。

 

というか、
「春だったね」について書いた形になっちゃいました。


超余談ですが、

この曲はブルースハープなんかを吹いてみてもかなり合うナンバーかと思います!

 

自分で弾き語りをするにはちょっと難しいかもしれない「字余り曲」ですが、

とにかく【楽しい】です!!!!


なんといっても微笑ましい(笑)


気に入ってくれた人は、ぜひ挑戦してみてください♪

 

そして、アルバム「From T」もチェックしてみてくださいませ☆

購入はコチラ↓

 

【早期購入特典あり】From T(AL3枚組)(特典内容未定)

 


今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます!

それでは、また!!

【エアコン問題】ルーバー故障から、まさかのエアコン本体交換へ! 〜Eolia(エオリア)の風〜

 
f:id:andfolk:20180713060323j:image
 

こんにちは。

&フォーク(@andfolk)です。

 

少し前にエアコンの送風口(ルーバー)が壊れたので交換してもらいます、という記事を書きました。

 

andfolk-kokorokorokoro.hatenablog.com

 

そしてようやく、工事の日がやって来ました!

 

ついに!!

 

もうすでに夏本番ですので早くスッキリとした状態になりたいものです! 

 

なので今回は、

その工事の模様を写真と共にお送りしていきたいと思います。

 

「エアコンの交換作業ってどんな感じなんだろう?」 

と思う方には、参考になる部分もあるかもしれません!

 

 

これが我が部屋の、翼を無くした天使です。

 

f:id:andfolk:20180712093744j:image

 

 

エアコンが古すぎてルーバー交換は無理!?

f:id:andfolk:20180713052816p:plain 

なんとも残念なお知らせです。

 

エアコンの年式が古くてルーバーのパーツがない!

 

というこの夏一番の切ない連絡を管理会社の担当さんからいただいてしまいました。。。

 

 

そういうものなのかい!?

 

やっぱりこのエアコンも、僕の知らない時から何人もの人のために空気の調節をしてきてくれていたんだね!!

 

ということで、ちゃちゃっとやってもらえそうなルーバーの交換はなしになりました。

 

エアコンそのものをチェンジ!

f:id:andfolk:20180713052858p:plain

 

そうなってしまったらどうするか。

 

そう。

 

エアコンそのものを取り替えましょう!

 

という、思いもよらぬ展開になりました。

 

 

気持ちは嬉しい!

新しい子が我が家にやってくるー! 

それはそれで上位スッキリー!!

 

なのですが、

ルーバーの交換よりも大がかりになることと、予定よりも日程が後ろにずれ込んだことがダメージと言えばダメージでした。

 

 

いや。

もっと正直に言うと、

部屋が狭すぎてエアコンの取り替え出来るのかい??

という不安で頭がいっぱいでした。

 

エアコンの真下にベッドがあるんだけど...

f:id:andfolk:20180713052920p:plain

 

管理会社の担当さんとエアコンそのものの交換になる話をしたあとは、実際に作業してくれる方と電話でにってい調整をすることになりました。

 

そこで抱えていた不安をあらかじめ伝えたのです。

 

「エアコンの真下にベッドがあるんですけど大丈夫ですか??」

 

しかもベッドのサイズ的に動かすことが困難すぎてもはや無理。

 

それでも大丈夫か不安だったので確認しました。

 

すると作業員の方から、

 

「ベッドの上を養生して、乗らせて作業させてもらえれば大丈夫だと思いますよ!」

 

というベテランの声。

 

 

それなら大丈夫かなぁ、なんて思いながらもまだ不安はありました。

 

室外機とエアコンを繋ぐ排水ホースのようなものの通り道を、ベッドでかなり圧迫していたのです。

 

部屋の幅ギリギリのベッドの壁際に、その排水ホースの通り道。

 

そこを大掛かりに工事するとなったら本格的にひっちゃかめっちゃかになってしまいます!

 

引っ越しレベルで頑張らないとヤバイやつです。。

 

なのでその話も電話でしたのですが、

 

「たぶん大丈夫ですよ!!」

 

というベテランの声。

 

 

それなら大丈夫かなぁ、ほんとかなぁ?なんて思いながらも、プロの腕前に任せることに。

 

もしも当日来てもらって「やっぱ無理です!」みたくなったら、

日を改めてお願いするだけさ!

という気持ちでエアコン交換作業の日を迎えました。

(そもそも僕の確認が弱い部分もあったと思いますが、その辺が僕のテキトーなところ)

 

エアコン交換の日

f:id:andfolk:20180713052945p:plain

 

いよいよやってきました、運命の作業日。

 

当日の明け方は雨が降っていて、これは雨天中止とかなっちゃうんじゃないのかい?と思うほどの降り方でした。

 

しかしそんな雨も午前の落ち着きと同時に降りやみ、曇り空の下での決行となりました◎(雨よ、止んでくれてありがとう!)

 

f:id:andfolk:20180713053334j:plain


 

カーテンを外してみたり部屋全体の片付けをしたりしながら待っていると、チャイムが鳴り響きました。

 

 

ピーンポーン。

 

 

これは、どうでもよし。。。

 

 

 

ドアを開けるとベテランの声が。

 

台車と共に運ばれてきた新しいエアコンさん!

そういえば電話でも聞いていた新しい室外機さんも一緒に!!

 

 

そうだった、室外機もセットで交換するとおっしゃってました。。。

 

 

やや焦りつつも、なにもわからない青二才の僕

 

「よろしくお願いします!」

 

と、やや強めにお願いをさせていただきました。

 

ベッドの件とか排水ホースの件とか部屋の狭さ汚さとかいろいろ申し訳ないことばかりですので、そういった部分をその一言に込めました。

 

匠の技による仕事の早さ

僕の若干強めのご挨拶も済み、早速交換作業へ。

 

部屋の感じを見せる前に「部屋が狭くてすいません!!」というそれでもなんとかやってくださいませ!!!の意味を持つ言葉を発して、部屋の中を見てもらうことに。

 

 

特に困ったような表情もなく(?)、

 

「それじゃ、始めますね~」

 

というベテランの声。

 

 

ここまで来たら、さすがに安心のベテランの声。

どうぞ、心行くまで...いや、何卒宜しく御願い申し上げます!という気持ちで「はい~」と発する僕。

 

匠、よろしくお願いいたします!

 

 

まずはルーバーのなくなったエアコンの取り外し。 

 

f:id:andfolk:20180713053438j:plain 

 あっという間に本体は下ろされました!

 

最中の写真を撮り忘れるくらい早さ!

 

これがベテランの腕。

 

職人だ。

 

そして土台みたいな銀のプレートも外されて、


f:id:andfolk:20180713055717j:image

 

最後はこう。


f:id:andfolk:20180712105132j:image

 

そんな感じになってるんだなぁ。などと思っていた真横でさらに作業は進んでいきます。(TTみたくなってる)

 

 

次は室外機の解除。

 

こちらも写真を撮ることができないくらいの早さで終了!


f:id:andfolk:20180712105339j:image

 

エアコンと室外機が仲良くベランダで再会いたしました。何年ぶりの再会だったのでしょうか。これも匠の技のひとつなのかもしれません。

 

 

どちらも取り外しが終わったので、いよいよ新しいエアコンの登場です!

ワクワクします。

 

重そうなエアコンをガッチリした腕で持ち上げる匠。

 

あれよあれよ言う間にこの通り。


f:id:andfolk:20180713055628j:image

 

例の排水ホースも上手いことやってくれています!

 

なんてスマートなベテランの技。

 

ここまでくればほとんどの心配事もなくなりましたので、後はその背中を見守るのみ。

 

引き続き、よろしくお願いします匠!

 

そして終焉へ...

排水ホースの調整も素早くやっていただき、室外機の設置へ。

 

室外機も余裕で運び込んでくれて本当にたくましいなぁ!と思いながらも、引き続きその背中を見つめるのでした。

 

 ベランダに運ばれた室外機もスピーディに交換。物干し竿が多少邪魔をしていたようですが、華麗な身のこなしによりジョジョ立ちすることなく無事に交換完了。

 

f:id:andfolk:20180713060916j:plain



 

不要となったエアコンと室外機を部屋の外に運び出して、交換作業は終わりました。

 

 

所要時間は、

 

およそ1時間前後。

 

管理会社の担当さんには2時間程度と聞いていたのでなんだか得した気分です。あれよあれよという間に作業が進んでいって、あわあわしているうちに工程は全て終わりました。

 

おわりに

明け方の雨のおかげか、気温は高くなかったもののジメジメした中での交換作業となりました。土砂降りの中での作業と比べればだいぶいい環境だったのかもしれません。

 

試運転や簡単な確認を済ませ、匠は次の現場へと向かいました。(たぶん、次の現場。)お礼に、小さなお茶のペットボトルをお渡しさせていただきました。

 

ありがとう、ございましたっ!!

 

 

その後、順調に動作して今もこの部屋の空気を調節してくれています!

 
f:id:andfolk:20180713054639j:image

 

※ルーバーが二段になっていて、さらに縦に、羽もついているタイプです!


f:id:andfolk:20180713054744j:image

 

 

今回は思わぬ形でエアコンそのものの交換となりました。

元々はルーバーの交換だけで済むようなちょっとした問題だったのですが、勢いで新しいエアコンとの暮らしが始まってしまうなんて。。。

 

でも、この賃貸のお部屋としてもまだまだ長く稼働することを考えればいいきっかけだったのかもしれませんね。古くなったエアコンのパーツなんて、探す方が面倒だとも思います。

 

 

こうして僕の部屋のエアコン問題2018は、幕を閉じました。

 

ルーバーの故障から始まったこの問題。

気が付いた瞬間に管理会社に連絡すれば、もっと早い段階でエアコンの交換日が決められたなぁと思います。

 

もしあなたのお部屋のエアコンに不調を感じたら、

 

とにかく早めのご連絡を!!!

 

たったそれだけで、いざという時に困ることはなくなると思います!

後回しにしてしまうとたぶん良いことはありません。

 

特にルーバーの故障だけだったら想像以上に素早く問題は解決するみたいなので、なおさらです。もしルーバーの交換だけで済まないようなことになってしまっても、早めの連絡をしておけば冷暖房シーズンに間に合う可能性もあると思います。

 

とは言ったものの、忙しくてそうもいかないかもしれませんね。

 

気が付いた時に、ちょっと動く。

それが出来たらどれだけいいか。

ほんの少し、明日の自分の為に動けたらいいですね◎

 

 

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

エアコンの不調というのは急にやってくるもののように思います。前兆もあるかもしれませんが気付けないことも多いでしょう。

だからこそ、そうなったらすぐ行動。初動が早ければいいことは多いはず!

 

そんなことを学ばせてもらった、ルーバー故障からのエアコン交換でした。

 

・・・エアコンのフィルター掃除などのお手入れは、2週間に一度くらいがよいらしいです。(エアコンの取扱説明書情報です)

 

それでは、また。

ワールドカップもベスト4くらいまで出揃うとむしろ落ち着いてきちゃう

f:id:andfolk:20180712045610p:plain

 

こんにちは。

&フォーク(@andfolk)です。

 

前回の記事に引き続き、今回もCanvaにてアイキャッチ画像を作ってみました。ほとんど貼り絵状態ですが、それでもレイアウトを選んだりちょっとした配置にこだわったりするだけでなんだか楽しいです!

 

※今回のレイアウトは「ブログと電子書籍」というテンプレートの中から「Blogバナー(560px × 315px)」を選びました。アイキャッチ画像としては少し小さかったようなのではてなブログ側でサイズを大きくしました。

 

 

さて。

 

「ワールドカップも準決勝くらいまで進むと、逆に盛り上がらないなぁ」

 

なんて思うことはありませんか?

(周りというより、自分自身が、という意味で) 

 

文化祭とかパーティなんかのイベント事で、準備期間は盛り上がって楽しいんだけど本番がいざ始まっちゃうとちょっと落ち着いてるみたいな経験ありませんかね。

なんだかそんな感じ。

 

僕は高校2年の秋ぐらいから生徒会に入って文化祭を大きくしきる側でしたが、本番よりも準備の方がワイワイしていたような気がします。

 

もし同じような経験や感覚がある人は、このちょっと不思議な気持ちが伝わるかもしれません。

 

この記事は、

W杯準決勝でクロアチアが延長後半で逆転したタイミングで書いています。

 

さぁ書き終わる頃にはどうなっているのやら。

 

ワールドカップももう終わり

f:id:andfolk:20180712045613p:plain

 

イベントというのは、一つのお祭りだと思っています。

 

お祭り騒ぎっていうくらいですから、本番は特にどんちゃん騒ぎですよね。あっちでわちゃわちゃこっちでわちゃわちゃ。それはそれで楽しいのです。

 

でも、どこかそうではない自分がいる。

 

前日までの準備期間は楽しいことも大変なこともなんとかワクワクして乗り越えてこられたけど、当日ちょっと何だか気持ちが違う気がする。

 

たぶん、どこか寂しいのかなって思います。

 

終わってしまうことに対してなのか、なんなのか。目的や目標がなくなってしまうことへの欠乏感か。自分でも未だによくわからない何かに寂しさを感じてしまっているのかもしれません。

 

今日もワールドカップという世界的なビッグイベントの準決勝。

 

そこに日本が居ないからなのか、なんだかんだテレビをつけてはいるものの僕自身は非常に落ち着いてしまっています。元々ミーハーなのでなんとも言えませんがそういう感覚があるのも一つのリアルなのです。

 

ワールドカップが自分にとってそういう存在だからだ、と言ってしまえばそれまでではありますが。一次リーグの時はあんなにワイワイしていた(家で)のに。

 

不確実な要素があるから楽しい?

ふと思ったのは、最近読んだ本の中にあった不確実な要素の向こうにある結果を予測して得られた報酬に快楽を覚えるというような話がありました。(83ページくらいですかね

 

その本がコチラ 

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

お金2.0というビジネス書。

株式会社メタップスの代表、佐藤航陽さんの本です。

 

かなり著者の経験や考え方が色濃く表れている本だと思いますが、参考になる内容もかなり多いです。

お金についての考え方を歴史とともに解説してくれたり、現代社会における「お金」というものの捉え方を書いてくれています。前半から中盤あたりに書かれている報酬系についての部分は、何かを生み出す時にかなり参考になりそうな気がしました。

 

著者である佐藤航陽さんはかなり理論派と言いますか、データをフル活用して「次」を予測し、成果を出し続けていると思います。

タイムバンクも佐藤航陽さんのメタップスが運営してますので、時間のような目に見えないものに価値をつけるということをかなり多くのデータをもとにして計算しながらプロジェクトを進めているのかなと思います。

 

終わりが近づくことは答えに勘付きはじめることかも

そんなような話を参考にしてみたら終わることが寂しいというよりも、どんな展開になっていくかわからない不確実性がなくなったことが寂しいのかもしれません。

 

寂しいというよりも、下手すれば飽きたに近いのかも。。。

 

ちょっと極端かもしれませんがたぶんそれがこの感覚にかなり近しい気がします。

 

やっぱり自分の動きで成果が変わるという不確実性には、大きな力があると感じますね。

 

自分が作ったこの看板で多くの人の興味を惹けるだろうか。

そもそも多くの人の興味を惹くにはどんな看板ならば良いのか。

それなら、人気のあるお店の看板を参考にしてみようか。

 

なんてことを考えて作り上げていったものを、いざ本番で使ってみて客数などで数字という成果を確認して一区切り。

その中で「あぁ、これくらいなんだ」って思ってしまうと、看板を作っていた時の全く予測できない時よりも落ち着いてしまっているということになるのかもしれません。

 

※リアルなことを考えると、より様々な要素があるので常に前のめりにやっていけることも多いとは思います。

 

 

あとは、2回目の映画とかもちょっと近いかもですね。

 

1回目は演出も描写も初めてなので次がどうなるのかわからないという楽しみがありますが、2回目だと記憶の鮮明さは人それぞれだとしても一度見たことのある映像が流れるので、新鮮さという意味だけで言えばやはり別物だと思います。

(僕は2回目に見ても楽しめるくらい、その映画の内容が頭から抜けていくタイプ)

 

とは言いながら、映画は繰り返し観てもかなり楽しめるなぁと思っています。むしろ、2回目以降の方が話の流れが理解できてより楽しいなんてこともざらにあります(笑)

 

なので一概には言えませんが、そういった不確実性というものが薄れる所に寂しさや飽きが存在しているということなのかもしれません。

 

 

おわりに

f:id:andfolk:20180712045616p:plain

 

最後の最後でアイキャッチ画像は、きっと不要ですよね。でも、練習がてら作ったので使わせていただきました。

 

「ワールドカップもベスト4くらいまで出揃うとむしろ落ち着いてきちゃう」

 

というタイトルの答えは、

どんな展開になっていくかわからない不確実性が減っていき、ちょっと飽きてしまっている自分がいる。

ということになってしまいそうです。

 

僕がサッカーに詳しくないことや、日頃からモーレツにスポーツに対する熱量が多くないので当然と言えば当然ですよね。

 

 

しかしながら、

祭りやイベント事に対する答えはちょっとまだふわふわしています。

 

この時間を終わらせたくない。

 

そういう気持ちも心のどこかにある上で、終わりを受け入れなければならない。終わってしまったら次は何をすればいいのか、みたいなちょっとマヌケなことまで考えていたりもしたりして。

 

祭りを終わらせたくないなら次の祭りを作り出すということで解決ですからね。しかももっと楽しめる祭りを。

 

だから、終わってしまうことへの寂しさや心配なんてホントはいらないのかもしれません。そう思っている気持ちや時間を次に生み出すべきものに注ぐことこそが、一番自分が望む未来に進める方法なのかもしれませんね!

 

まだまだ気持ちは弱いですし行動力も低い僕ではありますが、多くの人の考え方を知り自分の考え方を発していって楽しいと思えることに全力で突き進める心を持つようになります。

 

今回も、特に為になる情報は書けなかった様に思いますが最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

ちなみに、

ワールドカップ2018準決勝のクロアチアvsイングランドは、クロアチアの勝利となりました。この記事を書き始めた時の逆転シュートから、試合は動かなかったということになります。

 

決勝は、クロアチアvsフランス。

 

まさに不確実性しかないスポーツの世界。

なんだかんだ言って、見ちゃうのかな。。。

 

 

♪目に映るすべてのことはメッセージ

 

 

それでは、また!

 

おまけ

https://www.instagram.com/p/BlF1tkEFptW/

下か前か、地面か壁か#walkaround #wall #ground #stroll

 

ついにこういう「石」みたいなものまで写真に撮り始めました。しかもインスタに投稿するという自由さ。

 

いよいよ、なのかもしれません。